絵本館・お知らせ

にげだした パンがし

11/8(水) 晴れ。

今日は一段と冷え込んで、真冬のような寒さです。風が冷たい!近所の小学校ではインフルエンザが流行り始め、すでに学級閉鎖のクラスもあるとか。怖い季節になりましたね。

 

こんな寒い日は焼き立てのパンが食べたくなります。今日ご紹介するのは、そんな焼き立てのパンのお話です。

ほら、めんどりと仲良しのネズミがパンを焼いている良い香りがしてきましたよ。

 

「にげだした パンがし」  ラング作  高見のっぽ 文  柿本幸造 絵

 

img_2258

 

めんどりとねずみがおいしそうなパンを焼いています。おいしそうに焼きあがったパンがし、さて食べようと思ったら、ころころ逃げ出した。「おや、パンがし君、どこに行くの?」とお百姓さん。「ねずみとめんどりがおいかけてくるの」とパンがしは助けを求めますが、お百姓さんは「おいしそうなパンがしだな。」と一緒になって追いかけてきます。洗濯地中のおばさんやキツネも加わり大騒ぎ! 最後は、ころころすたこら逃げるパンがしと、賢いきつねの対決です。さて、勝ったのは???

 

作者のアンドール・ラングは、スコットランドの民俗学者で、世界各地の昔話や伝説、神話を研究し、「青の童話集」から始まる色分けの童話集全12巻を作った人です。このお話もその中の一つです。その童話集の人気は今も衰えることがありません。皆さんも、小さいころにその作品に触れているかもしれませんね。是非この機会に、童話集をお子さんと一緒に読んでみて下さいね。

 

ちなみに、日本語の文章を書いた、高見のっぽさんというお名前、どこかで聞いたことありませんか?そう、昔、NHKの教育番組で「できるかな?」という幼児向けの工作番組があったのを覚えていますか?その時、着ぐるみのゴン太君と一緒に出ていたのが、こののっぽさんです。余談ですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Berry Club
http://www.berryclub.info
住所:〒215-0036
神奈川県川崎市麻生区はるひ野4-4-11
TEL:044-281-8322
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016年11月09日

このページのトップへ